毎日が時間切れ!

Time is up every day!

「アロマ・スプレー」の透き通るような華やかな香りでマスクを楽しく快適に!

f:id:parupuntist:20210507202253p:plain
長時間のマスクは気持ち悪くありませんか?
2020年、コロナ禍になってから外出時は基本的にマスクを付けっぱなしになりました。

つけはじめは少し邪魔ですよね。
また、ずっとマスクをつけていると、においがこもってきて早く外したくなってくるものです。

そんな悩みを解決するための方法のひとつに「アロマ・スプレー」があります。
アロマオイルをマスクの内側にサッと吹きかけることで、マスクをつけたときに爽やかな香りが内側いっぱいに広がるというものです。

今回、私が実際に愛用しているオススメの「アロマ・スプレー」をご紹介します。

なお、「アロマ・スプレー」を使用する際、マスクの内側に吹きかける位置も地味に重要です。
位置が不適切だと、香りが弱かったり強すぎたりします。
そこで、私なりの目安ですが、マスクの内側に吹きかけるオススメの位置についても併せてご紹介します。

「Aroma Broom」の「D+S Effective Aroma」

天然エッセンシャルオイルで有名な「Aroma Broom」ブランドから「D+S Effective Aroma」というアロマ・スプレーが発売されています。

「D+S Effective Aroma」は2種類あります。
次の(1)(2)です。

(1)
ノーズ・クリア
(2)
ノーズ・クリア
(ミントシトラスの香り)
外観
特徴 炎症ケア系の精油でほのかに爽やかなシトラス調 ミントの爽やかさと柑橘系の甘さをブレンド
成分 エタノール

グリセリン
ユーカリ葉油
ペパーミント葉油
リトセア油
ニアウリ油
ティーツリー葉油
ラベンダー油
エタノール

グリセリン
レモン油
ペパーミント葉油
レモンマートル油
スペアミント葉油
和ハッカ葉油
容量 30ml 30ml
香りの強さ
(目安)
弱め 普通

私は、香りが爽やかで強めなほうが好みなので、(2)を使っています。
エタノールで清潔感もあります。

マスクの内側に吹きかけるオススメの位置

私がオススメするマスクの内側に吹きかける位置の目安は、下図のとおりです。
マスクの内側に吹きかける位置の目安

個人的には、鼻元あたりに吹き付けておくと、最初は少し強いのですが調度よかったです。
口元や頬あたりなど、別のところにつけてしまうと、香りが半減以下になってしまい、もったいなかったです。

「Perfect Potion」の「refresh mask spray」

天然エッセンシャルオイルで有名な「Perfect Potion」ブランドから「refresh mask spray」というアロマ・スプレーが発売されています。

外観
特徴 柑橘系の優しくも爽やかな香り
成分 エタノール(植物由来)

リモネン
ライム油(冷圧搾)
スイートオレンジ油
ロー ズマリー葉油
マンダリンオレンジ油
容量 25ml、50ml
香りの強さ
(目安)
弱め

私はAmazonで25ml(時価1,380円)を買いました(下記)。
しかし、50ml(時価2,090円)を見つけた(上述の外観画像)ので、次回はそちらにしようと思います。

こちらもエタノールで清潔感があります。

マスクの内側に吹きかけるオススメの位置

私がオススメするマスクの内側に吹きかける位置の目安は、下図のとおりです。
マスクの内側に吹きかける位置の目安

個人的には、鼻元あたりに吹き付けておくと、最初は少し強いのですが調度よかったです。
口元や頬あたりなど、別のところにつけてしまうと、香りが半減以下になってしまい、もったいなかったです。

天然ハッカ油

100%天然エッセンシャルオイルの「天然ハッカ油」も私が愛用するマスク・スプレーの1つです。
エタノールは入っていません。
香りの強さが半端ないです。

「天然ハッカ油」については、香りなど詳細をご紹介した別の記事がありますのでご参照いただけると嬉しいです。
parupuntist.hatenablog.com
私は「ペパーミント商会」の「天然ハッカ油」を使っています。
マスク以外にも日々のリラックスに活躍します。

マスクの内側に吹きかけるオススメの位置

私がオススメするマスクの内側に吹きかける位置の目安は、下図のとおりです。
マスクの内側に吹きかける位置の目安

個人的には、口元あたりに吹き付けておくのが、調度よかったです。

天然ハッカ油は半端ない香りの強さなので、鼻元につけると大惨事です。
鼻が恐ろしくスースーしてむせてしまい、呼吸によって目も涙ぐみます。
口元や顎元あたりにつけておけば、そんな大惨事には及ばず、かなりの長時間、心地よくペパーミントの香りがマスクの内側を満たしてくれています。

そんな天然ハッカ油を、私は頻繁に活用しています。

まとめ

今回、私が愛用しているオススメの「アロマ・スプレー」をご紹介しました。
また、私なりの目安ですが、マスクの内側に吹きかける位置についても併せてご紹介しました。

いくつかご紹介したので、ここで香りの強さをまとめておこうと思います。
香りの強さをまとめる、次のとおりです。

ブランド 製品名 香りの強さ
Aroma Broom D+S Effective Aroma ノーズ・クリア 弱め
Aroma Broom D+S Effective Aroma ノーズ・クリア
(ミントシトラスの香り)
普通
Perfect Potion refresh mask spray 弱め
ペパーミント商会 天然ハッカ油 最強

なお、人間の嗅覚は慣れが尋常でないくらいに発達しています。
そのため、悲しいことに、ほどなく鼻が利かなくなり、最初につけた時ほどの香りは感じられなくなります。
ただし、呼吸のタイミングでふいに感じたり、風が当たって香ったり、と、気持ちの良い香りはある程度は持続します。
しかし香りがなくなったときにリフレッシュしたいとき、再びスプレーをプッシュできると便利です。
今回ご紹介したスプレー(25ml、30ml、といった小瓶)のタイプはポーチやバッグでの持ち運びにも調度よいサイズですので、外出のお供にできます。

是非、皆さんも活用してみてください!